眉毛はアートメイクで濃く見える?

眉毛を書かずに濃くする方法。

眉毛はアートメイクで濃く見えるの?


眉毛はアートメイクで1


眉毛のアートメイクの魅力とは?

アートメイクのメリットや魅力がある!

沿う感じて、多くの女性が施術を受けているようです。


そんな眉毛のアートメイクの魅力を4つ紹介します。


・薄くなったり、生えなくなった眉毛をカバーしたい

・毎日の眉メイクから解放される

・アートメイクなら濡れても安心

・ノーメイク(すっぴん)のままいられる


アートメイクには、このようなメリット、魅力があげられます。

毎朝の「眉メイク」って形が整わないと結構面倒なもの。

若い頃の細眉のせいで、眉毛は半分しかない状態な私。

最近の平行眉やナチュラス眉にもあこがれますが・・・。

左右対称やバランスのやり直しに時間がかかると・・・。

「アートメイクでも試してみようかな?」とよぎってしまいます。


眉毛はアートメイクで2




アートメイクに興味がある!


アートメイクが気になっている!


このような方にアートメイクの注意点などもご紹介していきます。


まずは眉毛の「アートメイク」とはがどうゆうものなの?

アートメイクは眉毛に留まらず、「アイライン」「リップ」などもあります。

そして・・・芸能人でもやっている人がいるとのこと。


アートメイクって「どういうものなの?」と気になっている方に・・・

境界線が難しいようですが、「入れ墨とは違う」言う人もいますが針で刺して色を付ける行為。

こういった行為は入れ墨の一種であると思います。


ただ、入れ墨よりもアートメイクは皮下で浅い部分に入れていく行為。

なのでターンオーバーで数年経てば消えてしまうようです。

アートメイクと入れ墨はここがちょっと違うんですね。


また、皮膚に針を刺す行為なので、まさしく「医療行為」になり医師免許がないと施術ができません。

アートメイクは知識があるだけでやってはいけないことなんですね。

アートメイクは美容クリニックなどで施術を受けることができます。


このように、アートメイクは「医療行為」なので、施術を受ける前に・・・

「知っておきたいデメリット、注意点」をチェックしておきましょう。

眉毛はアートメイクで3


アートメイクのデメリットとも言える、注意点とは?


1. 平均 30,000円?60,000円と値段が高額な場合が多い

人によっては、1回でもキレイに仕上がるようです。

また、何度も色を付けて完成する3回コースや5回コースなど、色々なプランも。

時間はカウンセリングを含めてだいたい1時間以内。

1度の施術で一生ラクできるわけではありません。

数年に1度は繰り返すものなので、結構お金はかかりそうです。


2. 最初は不自然に見える場合も


立体的に1本づつ描いていく3D、4D眉アートと呼ばれているものもありますが・・・。

多くの場合はメイクと同じような仕上がりなのでちょっと違和感があるかも。


・ペンで描いたような眉

・マジックで塗りつぶしたような眉

・思った色より濃くバランスも変な眉

1度のカウンセリングでデザインを選んでも実際に完璧に仕上がるとも言えません。

地肌や自眉も違いますし、色を入れた場所と少しずれてしまうことも多いようです。


「眉毛が筆ペンで描かれた人」を見かけたことありませんか?

簡単にいうと、アートメイクは失敗するとそういった見た目になるようです。

お金をかけて、あんな仕上がりなら、自分でメイクしているときの方が自然ですね。

施術をしてくれる医師でも、デザインのセンスや意思の疎通がないと高いお金を溝に捨てるようなもの。

取り返しがつかない眉毛になってしまうことも。


3.アートメイクはやり直しができない

施術後に明らかに不自然な眉毛になってしまっても後戻りができないんです。

色をつけていく眉のアートメイクは落ちないというメリットの反面、失敗した時はすぐに消すことができません。

アートメイクを除去する方法は2つ。

「レーザー治療」

「切除手術」

しかし・・・最終手段と思ってください。


レーザー治療は照射すると、毛根がダメージを受けてしまいます。

脇や足のムダ毛を脱毛して、生えてこなくなるのと一緒です。

しかも色素に反応して熱が発生し、激痛やヤケド跡が残ることも。

酷いと、ケロイドとして後遺症という事例もあるそうです。


また、切除手術となると、皮膚を切り取るので毛根はなくり眉毛もなくなります。

アートメイクの除去は考えたくないものです。

費用も20,000円程度かかるようです。

数年そのままの眉なので、流行眉に興味がある人にはムリですね。


4. 針を刺すので激痛

施術には麻酔があるようで耐えられる痛みとか。

まれに、麻酔アレルギーなどで冷やしながらやるという人も。

痛みを表すなら・・・

「パッチんと輪ゴムを当てられた痛み」

「眉部分を切りとられているような痛み」

「針でチクチク刺されている感覚」

「痛みに弱い人には無理かも」


5. 赤みや腫れで人に会えないことも

アートメイクした後は針を刺しているので、すぐにキレイとはいい切れません。

大抵の人が赤くなってしまうようです。

人によっては腫れてしまうようなので、次の日でも人に会えない場合も。

アートメイクをするなら、次の日がお休みで誰とも会わないように。

腫れや赤みはどうでるかわかりません。

また、施術後すぐは色が濃く付いていますので、「イモト眉」みたいになることも。

終わった後の眉毛部分は人に見せられる状態ではないので気をつけましょう。


6.メイク落とし、クレンジング剤で洗顔ができない

施術して2?3日は触れてはいけないという注意事項があるそうです。

医師によっては当日でも可能という場合も。

数日間は何も出来ないと考えておいたほうがいいですね。

針を指した箇所に色が浸透する時間を置かなければならないからです。

クレンジングはもとより石鹸、化粧水や保湿も×です。


皮膚の傷口部分に雑菌や汚れが入ると化膿してしまいます。

化粧もファンデーションやBBクリームの下地はアートメイク部分を裂けて塗ること。

次の日は仕事のない場合にしましょう。

施術の日は、サングラスするなどスッピンでシャワーでも済ませて挑む覚悟で。



7. 医療行為なのに無資格サロンも!

アートメイクで1番怖いのが、無資格なのに施術をしているエステサロンやプライベートサロンがあること。

ちょっと調べるだけでも「アートメイク専門店」医師免許がなくても施術をおこなっているサロンがたくさんあります。

これは、「違法」なうえに、デザインなどの失敗だけでなく皮膚のただれや人体被害トラブルになることも。

謳い文句にだまされないこと!

そのサロンに医師免許を取得している人がいるか?

そのサロンが安全なのか?確認しましょう。

ちなみに、医療行為だとホットペッパーなどには掲載されないようです。

慎重にクリニックを選ぶことをおすすめします。


簡単に眉毛のアートメイクを紹介しました。

私はアートメイク怖くて、でも眉毛を濃くしたい、生やしたい思いから・・・

眉毛専用の美容液、マユライズを使っています。



私の眉毛増毛体験レポートをどうぞ!

オススメは「マユライズ」です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

眉毛を生やす美容液!眉毛ティント・眉毛エクステより安心&安価! トップページ

FX業者